CONTENTS

会社が銀行からお金を借りる時の審査のポイント

個人ローンに比べて、会社が法人向けローンを利用する時の審査は複雑になります。ただし、審査のポイントをクリアすることができれば、銀行からお金を借りることも可能です。

会社の代表者が連帯保証人になる
会社が銀行からお金を借りる時には、原則的に会社の代表者を連帯保証人にすることが求められます。銀行にとっては、特に中小企業の場合、会社のお金も社長のお金も同じであり、会社に貸したお金でも社長なら最終的に返してもらえると判断するからです。ただし、不動産担保ローンのような場合は、担保とする不動産の所有者が連帯保証人になります。

代表者に金融事故歴があると審査が厳しくなる
中小企業に対して、銀行は会社のお金と社長個人が自由にできるお金をほぼ同一視しているため、会社に融資する場合も、社長の現在の借入状況や過去の金融事故などの履歴も確認します。つまり、会社の業績自体はどんなに良くても、その代表者の信用情報に問題があると融資しにくいということです。金融事故歴のある社長さんは、その履歴が信用情報機関から消えるまで待つか、会社の代表者を別の人に変更するかすると、多少はお金を借りやすくなるでしょう。ただ、銀行によって融資できるかを判断するポイントは異なるため、あきらめる必要はありません。